濃度

一番濃度の高い香水は点でつけ、オードトワレは少し量を増やして線上に香りを拡げ、コロンは手のひらにとって面の状態でつけて下さい。つける場所香りは温度の上昇によって匂いを放ちます。その性質を活かして手首、肘、膝の内側、耳の後ろ側等、比較的体温の高いところや、髪で隠れる部分につけると香り立ちがよくなるようです。書物の朗読Hエロチックな本、レディコミを声を出して耳元で読んであげる術 これは全く個人的に解釈しました。『力|マ・スート一フ』では「模倣術、ものまね、発音のむずかしい文章の研究」という項もあります。だんな様が発情するような女性の声を発声すればよいのです。普通に発生するのは、プライドが邪魔しますので、朗読をするふりをして、次第にその気になってきます。官能小説でもいいでしょう。ベッドでごろんと横になり、だんな様の横で、「アハ ン・」と朗読を。 おすすめ朗読本『O嬢の物語」ポ リーヌ・レアージユ(著)溢津龍彦(訳)(河出文庫〉『千夜一夜物語」リチヤード・ F・パートン(著〉大場正史(訳)(ちくま文庫)密かに申しあわせた言葉の種種の使い方日エロチックな一一一一口葉を淫乱と思わせずに的確にささやく「言語の形を変えて話す方法を見につける」とあるのですが、普通の会話をセクシートークに変換させればいいと解釈しました。しかし、いきなり言い始めると、不自然です。事前に、一緒にアダルトな などをご一緒に観ておくなど、きっかけを一つ入れておきましょう。

参考:

Comments are closed.